「特定技能」農業分野の取得者9月末で31人

 出入国在留管理庁は9月末時点で、「特定技能」を農業分野で取得した外国人数31人になったと公表した。全分野合計で219人で、農業は14%を占めた。業種別では耕種が24人、畜産が7人。出身国ではベトナムが半数超の16人に上った。受け入れ人数が多い都道府県は北海道で10人、次いで神奈川と長野の両県の6人、大阪府4人、岐阜県3人、千葉、愛知両県の1人と続いた。