日本の「特定技能」介護・宿泊業などに東南アで受験熱

 東南アジアで日本の「特定技能」評価試験への受験熱が高まりつつある。フィリピンでは日本式の介護も教える日本語学校が人気で、ミャンマーでは日系ホテルが宿泊業の受験指導を始めた。ただ、海外合格者の送り出しは遅れそうで、それぞれの国のルールの整備の遅れは歴然なことから、来日は2020年春ごろからになる見込みだ。